DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー

広告の技術の、新たな次元。
メールを送信

プラットフォーム

DMPとは、データマネジメントプラットフォーム。データ管理の土台となるモノ。
分かりやすく説明しようとするなら、そういうことになります。ある種のデータが、その土台の上に集まって、一元的に管理される。そういう状況があります。
そして、管理されているデータをもとに、必要に応じて「発信」が行われること。そこまでが、DMPの活用範囲となります。

ただし、単なる「土台」というだけで終わらないのが、DMPのミソであると言えます。
何しろDMPは、現代の最先端のアドテクノロジー。この「プラットフォーム」では、データの集積と分析とが行われているのです。

DMPの役割は、何よりも、「分割してまとめる」ということにあると言えそうです。
このプラットフォームは、その広い懐にあらゆる情報を集積させることが出来、しかもそれらを一緒くたに扱うのではなく、必要な断片に分け、整理することが出来るのです。
つまり、物がたくさんあるところで、ただ盲目的にすべてをまとめて扱うのではなく、ひとつひとつを見て吟味し、判断し、分けることが出来るということなのです。

「最先端」の香りを感じられるエピソードですが、もちろん、ここでDMPによって分割されたりまとめられたりしているのが、アド、つまり広告に関わるものであるということは、付け加えておきましょう。
具体的には、このプラットフォームに集積させられるのは、広告がどれほど人の目に触れ、どれほど成功したかというデータです。

Copyright(c) 2015 DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com