DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー

広告の技術の、新たな次元。
エンジニア

ビッグデータの活用

BigなDate、つまり巨大なデータという意味でビッグデータ。こういうふうに語ってみても、あながち間違いではありません。
確かに、ネットの世界を行き来するデータというのは手で触れることは出来ず、重さをはかることも出来ませんが、それは確かに大きさを持っています。
データを保存する際には容量の余裕はあるか気にしなければいけませんし、ある種のデータが巨大であることはそれだけ力を持っていることを意味することがあります。
今この瞬間も生きている顧客データを大量に抱えている会社は、一般的に言って、成功している会社であると言えるでしょう。

とはいえ、ただ単に「でかいデータ」というだけでは、DMPと関連づけることが出来ません。ここでは、もうひとひねり必要であるようです。

DMPは、データマネジメントプラットフォーム。データ管理のためのプラットフォームというわけで、そこには大量のデータを収集することが出来るようになっています。
大量のデータ……つまり、ビッグデータを。そう、ビッグデータを収集することこそDMPの役割だったのです。

DMPに収集されるビッグデータは、例えばこのシステムを利用している会社の打った広告と、その注目度について、そして具体的に誰がいつ、どのようにしてそれに注目したのかというデータです。
DMPとは、会社の広告に関するデータを収集するのがその役目なのです。このシステムに収集されたデータは、行われた広告の結果を教え、そのうえで何をすべきかということを導いてくれます。

Copyright(c) 2015 DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com