DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー

広告の技術の、新たな次元。
ネットワーク

分析ツールとして

DMPは、広告分野で用いられるデータ管理用のプラットフォームですが、その仕事は、具体的に言えば「データの収集と分析」であると言えます。
DMPが行う「管理」というのが、「収集と分析」に当たるわけです。

かつて、広告とは言わば「数撃ちゃ当たる」のスタイルを取ったものでした。何しろ、誰が何をどのように見て、どれほどの効果をあげたのかということを検証するのはきわめて難しかったからです。
しかし、パソコンやインターネットによって人と人、物を買う人と物を売る店や会社の距離が縮まり、互いの顔が見えるところまで来た今では、「数撃ちゃ当たる」式ではない広告が可能になったのです。
そこで利用されているのが、DMPであるというわけです。

過去の「数撃ちゃ当たる」式から、「狙い撃ち」式に。広告を「方向転換」させるのに、DMPはひと役買ったのだと言うことが出来るでしょう。
DMPというデータ管理用のプラットフォームに集められたデータは、さまざまな角度から分析されることになります。

例えば、広告機能を持つ会社のサイトへの、訪問者数の記録。実際に販売が成功した実績。それらは代表的な「データ」と言えます。
商品を宣伝する広告と、結果的な販売実績とは互いに密接な関係を持っています。実際のデータをもとに、その関係と照らし合わせながら分析が行われ、そこから、「最も適した広告」という答えが導き出されてくるのです。
これこそが、DMPというシステムの基本であり、至上目的であると言えます。

Copyright(c) 2015 DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com