DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー

広告の技術の、新たな次元。
メールを送信

プラットフォーム

DMPとは、「Data Management Platform」の略称。「データをマネジメントするためのプラットフォーム」というのがその意味です。プラットフォームとは、ここではどのような場を指しているのか、押さえましょう。

詳細を確認する

ビッグデータの活用

DMPは、「Date(データ)」を扱うためのものですが、そこで扱われるデータは「ビッグデータ」と呼ばれています。これはどのようなモノなのでしょうか。そして、DMPを通してどのように活用されるのでしょうか。

詳細を確認する

エンジニア
ネットワーク

分析ツールとして

DMPを導入するという会社が増えています。ちょっとしたトレンドであると言っていいでしょう。この技術を、導入している会社はどのように利用しているのか、基本的な使われ方を押さえておきましょう。

詳細を確認する

アドテクとは?

現代を生きている限り、私たちは覚えても覚えても、尽きせぬ泉のように後から後から出てくるカタカナ語の氾濫に、耐えなければいけない運命を背負っていると言えます。
昨日覚えた小難しいビジネス用語が、今日には死語になっていて別の言い方が登場する、なんてことも珍しくありません。

「テクノロジー」までは、もう充分に人口に膾炙していることだし「技術」だとすぐに脳内変換できても、「アドテクノロジー」という語が出てきたらひるんでしまうという人は多いでしょう。
これもまた、新たなカタカナ語のひとつ。ここでテーマとなるDMPに深い関わりを持つ言葉です。
DMPは広告、マーケティングといった分野で、現在とくに活用されていますが、まさにアドテクノロジーとはその分野に関する「技術」のことをいうのです。

「本当に、これが欲しいのだろうか?」という疑問が脳裏をよぎる前に、私たちはすでに商品を手にしてレジに向かって歩き出しています。
あとから、「良い買い物をした」と心から思える場合もありますし、舌打ちとともにすべてを忘れたくなる場合もあるでしょう。とにかく、物を買い、買い、そしてまた買うこと。これが現代的な生き方であって、そのときに重要な役割を果たすのが広告というものなのです。

アドテクノロジーとは、原語で「Ad Technology」と書きます。頭の「Ad」というのが、広告を意味する「Advertisement」の略となっています。
つまり、アドテクノロジーとは広告に関する技術であり、その部類に入るDMPも、広告という分野で活躍しているものなのです。

Copyright(c) 2015 DMP、データ管理の歴史を変えるアドテクノロジー. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com